クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

メンデルスゾーン 交響曲第4番 プレヴィン(76)

2016.06.14 (Tue)
プレヴィンイタリア
プレヴィン/ロンドン交響楽団(76、EMI)は中庸。
録音もやや古くなったとなるとアドヴァンテージは難しい。
演奏は悪くない。整っている。
が何か面白みがあるかというとそうとも言えず。
録音の新しい、鮮度の高い演奏が出てきている今となっては分が悪い。

プレヴィンという当時は「ジャズ・ピアニストからクラシックの世界に入った」
という枕詞がついていて、演奏はどんなにSWINGしてるのだろう、と
期待するのだが実際はそんなことを感じさせる演奏はほとんど記憶にない。
むしろ中立もしくはやや保守という印象がある。
バーンスタインの方がよほど無茶をやったりしていた。
André_Previn_1976

なお、この盤は「フィンがルの洞窟」「ルイ・ブラス」「真夏の世の夢」の
序曲が併録だがこちらの方が魅力的に聴こえた。

録音はキングスウェイ・ホールではないか。
サウンドは当時のEMIの平均水準。
鮮度・フォーカス少し甘く、弦の高域は少し厳しい。
量感は少なくやや平板ななのもEMI。

10:41  6:10  6:21  5:50   計 29:02
演奏   A-    録音  86点

コメント

No title
プレヴィンがメンデルスゾーンを録音していたのは知りませんでした。
もちろん未聴ですが、安曇野さんの文章は適切ですね。
プレヴィンらしい柔らかい表現ですが、中庸で特徴がない。
いつものプレヴィンですね。想像出来ます。
それから余談ですが、カウンターの数が多いですね。
クラシック音楽のブログで、こちらはかなり有名ですから
カウンター数が多いのも納得です。
No title
ヨシ様
プレヴィンのこれはという演奏があればぜひご推薦ください。

また、当方ブログに過分なお言葉ありがとうございます。
個人の主観で書きなぐったメモを皆さまに見てもらうのも、どうかと思いますがPVも励みにしています。
No title
プレヴィンの録音で名演だと思うのは、全てロンドン交響楽団との録音で
チャイコフスキーの三大バレエ音楽とホルストの惑星、
ラフマニノフの交響曲第2番、第3番ですね。
No title
ヨシ様
ご紹介ありがとうございます。
これを見ますと、ロシア系やバレエ音楽に適性ありということですね。
ベルリンのユダヤ系ロシア人の音楽家系で生まれ、フランスで教育を受けたあとアメリカ国籍を取得という経歴ですからすごい国際人ですね。

管理者のみに表示

トラックバック