クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ベルワルド 交響曲第3番 ロジェストヴェンスキー(77)

2016.05.30 (Mon)
ベルワルドロジェベン
ロジェストヴェンスキー/ストックホルムフィル(77、BIS)は抑制軟体。

ロジェストヴェンスキー(1931~)という指揮者は不思議。
ある時は爆演型の激しい演奏をやるかと思うと一方では骨格のない譜抜けた演奏をする。
1974~77年までこのオケの首席をしていた時のこのライブは後者寄り。
そういえば、このオケと90年代前半に録音したニールセンの交響曲全集も
ふんわり緩い演奏だった。組む相手で変わるのだろうか。
gennady-rozhdestvensky.jpg

第1楽章は遅いテンポで密かに手探るするような音楽。
リズムを丸めて金管などもすべて抑制。溌剌感のない微温的な表現。
ベルワルドをオブラートで包んでしまったようだ。内省的で幻想性を強調している。

第2楽章も優しく撫でていく。

終楽章に来るとようやく生気が出てくる。
しかし、ロジェヴェンならばもっとやれるのではないかという期待は裏切られる。

録音はストックホルム・コンサートホールでのライブ収録。
しっとりと穏やかな音響。ホールの響きは良い。
放送音源であろうか状態はよく支障はない。

9:29  8:52  9:02   計 27:23
演奏   抑B+    録音 88点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック