クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ドヴォルザーク 交響曲第6番 ヴァーレク(2003)

2016.05.29 (Sun)
ヴァーレク全集
ヴァーレク/プラハ放送交響楽団(2003、supraphon)は無骨な六番。
骨格がしっかり筋肉質。
ヴラディミール・ヴァーレク(Vladimír Válek,1935年9月2日 - )は、チェコの指揮者。
1985年から2011年までプラハ放送交響楽団の首席指揮者であった。
チェコのオケというとチェコフィル、プラハ交響楽団、そしてこのオケという感じであろうか。

さて、このコンビのドヴォルザークは自然体の素朴さがある。
冒頭より何か特別なことはやらず日々のありのままのドヴォルザークを
演っている感じ。テンポは快適で全体で40分半というのは最短レヴェル。
緩急の差を凄くつけるということはなく一様に速め。
表情もこったことはない。作品そのままを鳴らす。
ウィキペディアには”指揮のスタイルは直線的で忠実に拍子を合わせ
それほど大きな動きはしない”と書いてあるが、出てくる音楽もその通りだと思う。
valek.jpg

録音はチェコ放送スタジオでのセッション。
オケをいれるとそれほど余裕のない会場のよう。
残響は少なく、響きが曖昧になることはない。
その分合奏の精度などが化粧できずもろにでる。
PragueRadio1.jpg

13:36  9:49  6:55  10:16   計 40:36
演奏   A    録音   91点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック