クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ドヴォルザーク 交響曲第7番 ペシュク(88)

2016.05.09 (Mon)
ペシュク78
ペシュク/ロイヤル・リヴァプールフィル(88、Virgin)は高いレベルの中庸。
表現に癖はない。ノイマンのような揺らぎもない。しかし必要にして十分。
大人の哀しさを滲ませる。

ドヴォルザークの交響曲第7番はニ短調という調性のため
爽やかだけでは通せない難しい側面がある。
サヴァリッシュやC・デイヴィスなどはブラームス張りに重厚に押し切るが、
ペシュクやセレブリエールのように強調や着色を少なくした方が儚さは浮き上がる。
両者ともにイギリスのローカル・オケというのもいいかもしれない。
ペシュク

全体のバランスがよく色んな声部がよく聞こえる。
第3楽章のヴィヴァーチェも丁寧な音楽で弦に注目していると
実は哀しい音楽なのだと感じる。
終楽章は意志が出る。念を押すような微妙な歌い回しが実に効果的。

ペシュクのドヴォルザーク交響曲全集はチェコフィルと共演したものより
このオケとのもののほうが録音も含めてよいと思う。

録音はリヴァプール・フィルハーモニックホールでのセッション。
Liverpool_Philharmonic1.jpg
この全集は2、4、5、6番がチェコフィルで芸術家の家での収録だが
響きが多すぎ、この指揮者の明快さを阻害している面がある。
音はこちらの方がよい。
輪郭が明確でどっしりまっとうなオケの音。
Dレンジはほどほど平均的だが引き締まった力がある。

11:12  9:45  7:23  9:20   計 37:40
演奏   A+    録音  91点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック