クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ドヴォルザーク 交響曲第9番 マーツァル(99)

2016.05.11 (Wed)
マーツァル9nj
マーツァル/ニュージャージー交響楽団(99、DELOS)は余裕の美しさ。
このCDは2枚組でメインはドヴォルザークの「レクイエム」。
余白に「新世界」が収録されている。だからというわけでもないが
格別主張の強い演奏ではない。が、極めて普遍性の高い表現で美しい。
「金持ち慌てず騒がず喧嘩せず」の見本のような音楽。
第3楽章などゆったりしたテンポで少し長閑過ぎる。
とにかく全体として劇性の低い音楽作りなので若者向きではない。

マーツァル(マーカルとも記載されていた)(1936~チェコ・ブルノ生まれ)は
この録音後チェコ・フィルの音楽監督となり2004年「新世界」を再録音するが
タイムだけみると略同じ。多分同じような内容だと考え改めて手を出していない。

なお、このCDの音質の素晴らしさは筆頭格。
また、ニュージャージー交響楽団という馴染みのないオケもレベルが高い。

録音は本拠地ニュージャージー、パフォーミング・アーツセンターでのセッション。
large_NJSO.jpg
ヴァーチャル・リアリティレコーディングと謳っており録音を売り物にしている。
高級オーディオのマッキントッシュのデモ音源にも選ばれているもの。
41zcYdX575L.jpg
深々とした音場と量感、マルチマイクを駆使した楽器のピックアップなど
確かに実演ではここまでは聴きとれないだろう「仮想現実」的な要素はある。
かといって昔のDECCA的ド派手音響ではなく巧くまとまっている。
左右の展開は広く、ふかふかのソファに座って羽毛に撫でられるような
ゴージャス&バブリーを味わえる。

11:52  11:19  8:11  11:11   計 42:33
演奏   A   録音  94点

コメント

お宝音源
これまたお宝音源のご紹介。探してみますね。
No title
北の火薬庫様
このCDは「レクイエム」を目当てに買って帰ったらたまたま「新世界」がついていたもので・・・お薦めしていいものやら・・・(^^ゞ


管理者のみに表示

トラックバック