クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ドヴォルザーク 交響曲第8番 フィッシャー(2000)

2016.04.23 (Sat)
フィッシャー89
フィッシャー/ブダペスト祝祭管弦楽団(2000、PHILIPS)は超積極的。
イヴァン・フィッシャー(1951~)の怪作。一つ一つのフレーズに徹底表情付けする。
聴いたことのないような節回しやこぶしがバンバン。
それを愉しめるか、煩わしいと感じるかで分かれる。

この曲は情緒豊かなのでやろうと思えば素材は沢山。
ポルタメントは多発しテンポの伸縮は自由自在。
しかしながら、これだけやりながらねっとりしないのは快適なテンポを
維持しているからだ。指揮者の不思議なバランス感覚。

第1楽章冒頭からいきなり歌に溢れる。その後のエナジーの放出は素晴らしい。
外に向かって明るく発散する。聴いていて楽しく心が弾む。
どんなフレーズも無駄にしないという積極的な意気込み。

第2楽章も徹底している。歌いぬく。

第3楽章はここまでの調子からするとべったり来るかと思いきやテンポは速い。
しかし、甘えた歌い回しは切なさを超えてまとわりつく。
一歩間違うと品を損ねる限界に挑戦。

終楽章も主題提示から独特のタメを見せる。
その後もオオー!そうきたか、連続。
最近の優等生バランス重視の演奏を聴いてきた耳からすると
ここまで面白さを追求してくれるのもいいと思う。
個々のパーツに集中しているうちに終わってしまった。
木を見て森を見ずだった。

録音はブダペストのイタリアン・インスティチュート(イタリア文化研究所)
italian2.jpg
でのセッション。響きはしっかりあるが非常にクリアな音。
スプラフォン系は響きの多さをそのままにした録音が多いが
ここでは引き締まった音像と輝かしさを手にしている。
この手練に富んだ演奏を明快に見せた好録音。

10:09  10:31  5:42  10:28   計 36:50
演奏   驚A    録音  94点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック