クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ハイドン 交響曲第88番 ドラティ(71)

2016.04.09 (Sat)
dorati88.jpg(←LP CD→)ドラティ全集
ドラティ/フィルハーモニア・フンガリカ(71、DECCA)は端正だが鄙びた感あり。
今となってはやや教科書的。

音色にアドバンテージがあるわけでなく全編積極的な奇策はない。
でも流石にドラティだけあって楷書的なきちっとした音楽に仕上げている。
ゆえに清潔感があり好ましい。
全集で聴いて行く分にはこうした癖のない演奏がよいかもしれない。

録音はドイツ・エッセン州マルルの聖ボニファティウス教会でのセッション。
鮮度の落ちを感じるし高域でピーク感が僅かにあるが素直な音作りは当時の水準。
いわゆるDECCA的なハイファイ録音でなく地味な部類に入る。

6:22  5:38  4:36  3:42   計 20:18
演奏   A-    録音  87点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック