クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

チャイコフスキー 交響曲第1番 プレトニョフ(95)

2016.03.23 (Wed)
プレトニョフ全集
プレトニョフ/ロシア・ナショナル管弦楽団(95、DG)は独自の耽美演出。
47分半の演奏時間は保有盤最長。2011年の再録より長い。
他の交響曲はこれほど遅さが際立っていないので、この第1番のみの特徴。
そして聴こえてくるのは今まで聴いたことのない抒情の世界。
しかし、作曲家20代半ばの若書き交響曲の本来的姿と言えるかは疑問。

第1楽章は遅いテンポでそっとを音を置いていく。
主部に入ると表情を変え金管の輝かしさが春の訪れを感じさせる。
音を潜める部分と張り出す部分の対比の大きさが独特な表情をもたらす。
凭れる寸前のテンポの場面もあり、この曲の若さゆえの突入感が薄まっている。

第2楽章も繊細の極み。優しく丁寧な進行。各楽器の音の出し方がとてもソフト。
後半ホルンとともに胸の高鳴りを伝えるが
その後の弦の包み込む羽毛のような音色にはゾクゾク。

第3楽章はリズムよりも横の流れを重視した音楽。弦がまとわりつく様な際どさ。

終楽章は4分間の長い序奏を得て主部に突入。それでもむちゃくちゃな感興を出さない。
10分過ぎてようやくフィナーレが開始されるが、弦は豊かなヴィヴラートを駆使して
歌いながら盛り上がる。独特だ。
最後は加速することもなくピロピロと不思議なお気楽気分を炸裂させながら幕。
不思議ワールド。

録音はモスクワ・音楽院大ホールでのセッション。
RN_orchestra-.jpg
響きの多めのホールだが混濁を免れ各楽器の粒立ちがいい。
弦なども人数が多くないように感じるほど一本一本聴こえる。

13:32  11:57  8:29  13:35   計 47:33
演奏   耽   録音 93点

コメント

No title
私は、この演奏の第2楽章を聞いて(NHKのリクエスト番組)この曲に嵌りました。
そういう意味で、思い入れがあります。ただ、色々聞き比べると諄く感じますネ。

管理者のみに表示

トラックバック