クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

レスピーギ ローマの祭 マータ(93)

2016.03.14 (Mon)
DOR-90182.jpg
マータ/ダラス交響楽団(1993、DORIAN)はふくよか。
広大な音場の中で豊かに鳴る。演奏は落ち着いた丁寧さをもつ。
狂ったようなお祭り騒ぎを期待するとはぐらかされる。

エドゥアルド・マータ(1942~95)は52歳にして飛行機事故で亡くなってしまったが
同年生まれの同郷メキシコの指揮者バティスとはかなり違った音楽づくり。
それは『ダラス交響楽団~マータ・イヤーズ(6枚組)』を聴くとよくわかる。
807.jpg
ラテン系指揮者というと「爆演」を期待するがバティスはまだしも
マータは全くそんなことはない。テンポはゆったり目でじっくり各楽器を慣らす。
主観を抑えオケの能力を最大限に発揮させる。踏み込みを求めるより音響を味わう。

第1曲「チルチェンセス」は余裕の音楽。
第2曲「50年祭」も繊細だがゴージャスな響きが充満する。
第3曲「10月祭」は保有盤最長の時間をかける。
べたべたの歌ではなく爽やかだがテンポは極めてゆったり。
第4曲「主顕祭」はこの録音の見せどころ。
ウファーがぶっ飛ぶのではないかと思うほど低域の量が多い。
余裕しゃくしゃくで音響を撒き散らす。この余裕が憎たらしい。
終結もかすかにアッチェレをかけるがそこまで。

録音はテキサス州ダラス、ユージーン・マクダーモット・ホール、
メイヤーソン・シンフォニーセンター。
mcdermott_hall_photo01.jpg
DORIANレーベルは高音質録音で知られるが、大スピーカーで鳴らすと
部屋全体が揺れるのではないかと思うほどの響きの量とDレンジ。
ただ、そんな環境が実現できない事情の中では想像をたくましくするしかない。
マス優位だが細部もとられ混濁はない。大太鼓などの空気感が伝わる。

4:38  7:08  8:30  5:33   計 25:49
演奏   A   録音 93点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック