クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

フィールド ピアノ協奏曲 第4番

2016.03.13 (Sun)
john-field.jpg
ジョン・フィールドのピアノ協奏曲第4番も今までのこの作曲家の音楽の延長である。
3楽章形式だが第2楽章が短く編成も小さい。
正妻と愛人問題に揺れていた時期に書かれた?音楽とは思えない端正さだ。
全編通して分かりやすくチャーミング。真剣に向き合うより気軽に接する音楽。

第1楽章は何とも優美な序奏で始まる。
この曲はそよ風さざ波のような音楽が続く。
ピアノは猛烈な自己主張をすることなく蝶のようにひらひらと舞う。

第2楽章はシチリアーノだがノクターンの雰囲気を持つ。
ほぼピアノ・ソロによる音楽。

終楽章のアレグレットも優美の極み。
愛らしく軽やかなメロディが頬を撫でる。

全曲を聴き終えて一体この曲は第何番だったのかと思うほど記憶に残らない、
しかし聴いているときは、ほのかに心地よい音楽。
不思議な作曲家だ。
私にとってはショパンのようにねっとりしていないのがありがたい。

chandos46.jpg
演奏はここでもオローク盤(1994)が綺麗だ。
オローク(p) バーメルト ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ
17:34  4:19  11:45   計 33:38

レスターニ全集
レスターニ盤(2007)は室内楽的な響きがしてゆったりきっちり。
レスターニ(p) グィダリーニ ニース・フィル
18:34  3:19  12:55   計 34:48

フリス24
フリス盤(1996)はピアノに少し繊細さが欲しくなる。
フリス(p)   ハスラム  ノーザン・シンフォニア
17:54  3:23  12:04   計 33:21

オコーナー全集
オコーナー盤(1982)は洗練さではオロークに一歩譲るが
真面目で好感が持てる。
オコーナー(p) フルスト ニューアイリッシュ室内管
16:38  3:52  11:14   計 31:44

コメント


管理者のみに表示

トラックバック