クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

サン=サーンス 交響曲第3番 フロール(86)

2016.03.10 (Thu)
フロール サンサーンス
フロール/ベルリン交響楽団(86、DS)はノーブル。
派手さはないが好感のもてる演奏であり録音である。

このCDの国内発売元の紹介文は
『レコード芸術誌で特選となった、東ドイツ出身の指揮者ペーター・フロールの
国内デビュー盤。とかく外面的音響効果がクローズアップされやすい「オルガン付き」に、
純ドイツ音楽風アプローチ。重厚な構築性とともに、若々しい感性で旋律をたっぷりと歌わせる。
明晰で純粋、流動感の強い解釈は新鮮な感動を与えてくれる。』
というもの。ドイツ的とは思えないが、おおよそ似た感想を持った。

なお、このオケは現在ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団という。
西ドイツにもベルリン交響楽団があるからややこしいが、レコーディングでは
本オケの方が多いのではないか。

クラウス・ペーター・フロール(フロア)はこの録音当時32歳。
若くしてこの楽団の首席指揮者(1984~91)となり東ドイツのホープだった。
近年はマレーシア・フィルの首席だったようだが比較的地味な活動
(BISからこのコンビのドヴォルザークが出ている)。
フロール(←若きころ 最近→)フロール近景

第1楽章のかっこいい主題提示も力まずとがらない。
第2楽章は極上の美しさで流れる。
第3楽章も流線形で綺麗。
終楽章も慌てず騒がずなのだが終結でのシンバル・ティンパニのパンチは突然凄い。

なお、ダーリッツの弾くオルガンの音は高域が先鋭で
個人的にはもう少し落ち着いた音が好み。

録音はベルリンのシャウシュピールハウスでのセッション。
名物ホールでの優秀録音。このホールの音響の良さを味わうことができる。
Konzerthausorchester_Berlin.jpg
ドイツ・シャルプラッテンらしい素直でクールな音。
各楽器の音は埋もれることなく明快。最強音でも余裕があり破綻ない。

10:10  11:16  7:50  7:27   計 36:43
演奏   A    録音  91点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック