クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ニールセン 交響曲第5番 オラモ(2013)

2016.02.23 (Tue)
オラモ45
オラモ/ロイヤルストックホルムフィル(2013、BIS)は明晰痛快。
近時でてくる第5番の演奏は皆名演ぞろいで甲乙つけがたい。

第Ⅰ部冒頭からヴィオラをはじめとした弦の重なりが美しい。
1:40から第二バイオリンが右から入ってくるがヴィオラとの間で微妙なズレ感を持ち
ミニマル音楽のような不思議な繰り返しの世界を表出。これは狙っての効果なのだろうか。
そこにスネアが入って掻き乱し始める。
後半の混沌もほどほどに荒れながら、でも一線は越えない秩序の中で音楽が進む。
カデンツ・アド・リブのスネアもリムショットは繰り出すまでのことはしない。
いかにもオラモらしいバランス感。

第Ⅱ部はアクセントはくっきりしながら颯爽と進める。テンポは速めで洗練されている。
フーガも両翼配置での掛け合いが非常に鮮明で面白い。
音楽は停滞なく鎮まる部分でもクールで怜悧。
曖昧なところはなく音圧も強いまま終結になだれ込む。
ここでもテンポは怯むことなく一気に駆ける。
優等生を一歩脱皮したオラモの熱演。
sakari_oramo_royal_stockholm_philharmonic.jpg

録音はストックホルム・コンサートホールでのセッション。
SACDハイブリッド盤で細部とマスの両面で優秀録音。
どこにも無理のない素晴らしい音響。
このシリーズは曲により若干録音のあり方が違うが
この曲では鮮明度が上がり各楽器の位置や音がはっきり。

9:31  8:28  8:28  7:21   計 33:48
演奏   A+    録音 95点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック