クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第2番 カヤヌス(30)

2016.01.30 (Sat)
シベリウス歴史的録音
カヤヌス/ロイヤルフィル(30、EMI)はデモーニッシュ。
カヤヌスはこの交響曲にロシアへの抵抗という愛国的な意味を見出していた。
作曲者自身は「魂の告白」とだけしており標題性を否定しているが、
盟主カヤヌスは違った。それが演奏に現れている。

第1楽章から音楽は基本的に前傾で音がどんどんかぶさる。
よって全演奏時間は38分台だがその中の表情は濃厚だ。

一番目立つのが第2楽章。カヤヌスによればこの楽章は『太陽から光を奪い、
我々を元気づける花からその香りを奪おうとする、(ロシアの)すべての
不当行為に対してなされる、断固たる抗議である』という解釈だ。
ポルタメントする弦も甘くはない。テンポは悶え救いの手を求める。

第3楽章のトリオのオーボエは自我の目覚めということで強調される。

そして終楽章は勝利への道程。呼吸感、盛り上げ感など実に情動的。
今はこのように演奏することはないだろう。
何かショスタコーヴィッチを先取りして聴いているような演奏だ。

その後シベリウスの音楽は変貌するのだが、
暫くは「交響曲第2番」をツールにこの作曲家は世界的作曲家になっていく。
北欧以外の指揮者もこの曲を積極的に取り上げた。1960年代あたりまでは
この曲が「フィンランディア」と並ぶシベリウスの代表曲となった。
とにもかくにもシベリウスを世に広めたこの演奏の功績は大きい。
一般に薦められる音源ではないが、シベリウス受容史にとって重要。

録音はロンドン、ウェストミンスター セントラル・ホールでのセッション。
venue_room_photograph_london.jpg
SPで響きは拾えていないが、85年前にしては予想外の明瞭な録音。
弦の表情のみならずティンパニのトレモロも明快。
2015年の復刻盤はアビーロードに残されているマスターからのリマスターとのこと。
スクラッチノイズは聞こえるが聴き辛さはない。

8:22  12:55  5:21  12:20   計  38:58
演奏   熱     録音  72点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック