クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス タピオラ ブロムシュテット(92)

2016.01.28 (Thu)
ブロムシュテット全集
ブロムシュテット/サンフランシスコ交響楽団(92、DECCA)は爽快な森の神。
録音もスカッとしていればオケもバリッと。
テンポはむしろじっくりだが全く湿り気がない。

各パーツのこそこそした動きが180度あちこちから飛び出す。
その様は森の小動物か精霊が現れ隠れるよう。
精緻な合奏が研ぎ澄まされた世界を表出するが、
凍てつく厳しさがないのはオケの音色が大きい。決して重くならない。明るいのだ。

私はこのコンビのシベリウスが好きだ。それは北欧勢のものとは全く違う。
このタピオラ、陽光に煌めくダイヤモンドダストを感じさせる。
daiamondsust.jpg
録音はサンフランシスコのデイヴィス・シンフォニーホールでのセッション。
いつもながら抜けよく分離の明快なスカッとした音。

19:28
演奏   爽A+     録音   92点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック