クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ハイドン 交響曲第102番 ワーズワース(89)

2016.01.18 (Mon)
ワーズワース102
ワーズワース/カペラ・イストロポリターナ(89、NAXOS)は軽やか優美。

ナクソスはガロワ、マロン、ドラホシュ、ワーズワース、ミュラー=ブリュールという
指揮者とそれぞれのオケを使って34枚のハイドン交響曲全集を作った。
当初より全集の意図があったのかは分からない。

この盤の指揮者はイギリスのバレエ音楽を得意とする自己主張をしない人。
オケはスロヴァキアフィルの抜粋メンバー。
そしてなぜか交響曲45番「告別」、48番「マリア・テレジア」との組み合わせ。

だからというわけではないが、演奏様式が後期の堂々とした雰囲気ではなく
小編成で透明感ある音楽が流れてくる。テンポは落ち着いている。
ピリオド楽器の演奏様式は持ちこまれず、あくまで柔らかく優しい音楽が流れる。
第2楽章などシルキータッチの音がそよ風のようだ。
終楽章は5分かけるが、軽く浮遊しているので重い感じはない。
爽やかで気持ちの良い演奏。これはこれでよし。

録音はスロヴァキア首都ブラスティラバのモイゼスホール。
ドナウ川に面した美しい宮殿のようなホール。内奏同様、響きも美しくうっとり。
モイゼスホール
moyzesova_sien-thumb.jpg
ナクソス侮れず。
この会場の写真を見ながら聴いていると昔の皇族になったかのような気分。

8:50  5:39  6:34  5:01   計 26:04
演奏  優A     録音 93点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック