クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ニールセン 交響曲第4番 メータ(73)

2016.01.04 (Mon)
メータ不滅
メータ/ロスアンジェルスフィル(73,DECCA)は快速痛快。
実に屈託ない。このLPのジャケットの指揮者の笑顔のようだ。

バーンスタインやマルティノンがアメリカでこの「不滅」を録音して認知が広がったときに
当時快進撃を続けていたメータ&ロスフィルコンビがDECCAの優秀録音を引っ提げて
登場したのがこの盤。「アルプス交響曲」や「惑星」などの一連の音響LPの系譜。
数多いメータの盤歴の中でもニールセンはこの1曲1回こっきりだったのではないか。

ともかく、演奏は深刻ぶった表情など薬にしたくもない、楽しく行こうぜという
カルフォルニアの青い空が言っている的。

第1楽章から苦渋の表情は全くなくスカッと鳴る。
ティンパニはトランポリンの様にポンポン弾む。
全体の合奏の厚みよりもオンマイクで各楽器が捉える録音もあって軽量級の音楽。

第2楽章も保有盤最速でスカスカ行く。

第3楽章も勢いが良くフーガなど前のめりで、
早く終楽章に行かせてくれという雰囲気が漂う。

終楽章も予想通り。
軽いトランジェント抜群のティンパニが左右で掛け合うのは音響快感だ。
これはこれでいいし徹底した行き方。
ニールセンに対する共感が薄いといっても始まらない。
この曲が大袈裟と感じる向きにはフィットすると思う。

録音はUCLAロイスホールでのセッション。当時のメリハリあるDECCAの音。
実に分かりやすい。この曲はティンパニの競演と捉えしっかりピックアップしている。
この楽器のクローズアップではナクソスのリーパー盤とタメではないか。
響きの混濁なくスッキリ聞きやすい。
低域の量感やマッシブな重い迫力を求める向きには合わないかもしれない。

11:33  4:09  9:02  8:36   計 33:20
演奏   爽A     録音  89点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック