クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

R・シュトラウス 4つの最後の歌 ロット(86)

2015.12.31 (Thu)
Rシュトラウスロット4LASTSONG
ロット/N・ヤルヴィ/ロイヤル・スコティッシュ国立管弦楽団(86、CHANDOS)は清冽。
R・シュトラウスの豊饒なのに清らかな響きにあっという間に連れ去られる。

この曲の人生の黄昏面を強く求めれば、他に濃厚な表現はある。
このフェィシティ・ロットの歌唱はあくまでもクリーン。
響きの多いシャンドスの録音も手伝って
まるで現世ではなく,既に天上の音楽のよう。

しかもこの盤は幾度かの録音を集成したものだが選曲が素晴らしい。
(CHAN 10075)
4つの最後の歌(①眠りにつくとき②9月③春④夕映えに)
⑤子守歌op.41-1
⑥わが魂よ、憩えop.27-1
⑦したわしい光景op.48-1
⑧森の幸せop.49-1
⑨あしたop.27-4
⑩ばらの花環op.36-1
⑪献身op.10-1
⑫詩人の夕べの散歩op.47-2
⑬歌劇《カプリッチョ》op.85~〈インテルメッツォ(月光の音楽)〉
⑭歌劇《カプリッチョ》op.85~〈最終場面の情景〉

冒頭の「4つの最後の歌」は初演時の曲順で奏され
人生の最期を迎える④「夕映えに」の後に⑤「子守歌」が
ひっそりと歌いだされる。輪廻流転なのだろうか。
しかし、夢の中にいるような響きで現実感がない。

いくつかのリリカルな曲を挟み最後が「カプリッチョ」の終結場面。
⑭は歌唱が終わり2分半オケがゆったりたゆたい名状しがたい余韻を残す。
居ながらにして美しい自然の中で夕暮れを迎える気分にさせてくれる。
Alpen夕暮れ

どの曲もロットのヴィヴラートを抑えたスーッと伸びる声に癒される。
テンポは弛緩せずどちらかというとスッキリ感が強い。
オーケストラも万全なサポート。さすがN・ヤルヴィ。

録音はスコットランド・北東部ダンディー市のカイヤード・ホールでのセッション。
(↓建造当時1920年代のホール外観)
CitySquareCard.jpg
ブライアン&ラルフ・カズンズの録音の特色が現れ清涼な響き成分が多い。
曲によってはこれがミスマッチということもあるが
この曲集では実に綺麗なシルキートーンとなっている。

2:57  4:12  5:25  7:32   計 20:06
演奏  A+    録音 93点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック