クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第1番 N・ヤルヴィ(82)

2015.12.27 (Sun)
ヤルヴィシベ1
N・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団(82、BIS)は、BISの全集の傑作。
記念すべきこのデジタルによるシベリウス交響曲全集は82年から85年にかけて
収録された。LP併売時代のためそれぞれ1枚に1曲の交響曲+プラス管弦楽という構成。
一枚一枚3500円のCDを買いためて行ったのを思い出す。

当時ヤルヴィ(パパ)もこのオケも無名だった。
GothenburgSOをなんて読むのかどこにあるのかも知らなかった。
しかしその演奏には惹きこまれた。メジャー録音とは何か全然違っていた。
振り返れば、70年代までは英米のオケでシベリウスが録音されていたが
北欧勢による全集はやはり響きが違っていたのだ。

特にこの第1番は職人になりきれない率直にしてロマンティックなN・ヤルヴィと
この当時まだ粗削りなエーテボリ響の特性が最大限に活かされた名演と思う。

第1楽章冒頭はたっぷり含みを持ってはじまりそれを粗い金管が突き抜ける。
すっかりのみ込まれる。テンポは自然に流動するが停滞感はない。

続く各楽章も表情豊かでメリハリがあり飽きさせない。

終楽章も強さと優しさを併置する。冒頭の1分半の対比感。
その後の北風を伴う逞しい運動と濃厚な歌。
この交響曲特有のチューバやハープ、打楽器群が大活躍。
田舎のオケで洗練はされていないが、か細さはなくむしろ太く馬力がある。
終結まで一気に持っていく。

初めてこの盤を聴いた時、マイナーレーベルの無名のコンビによる充実の
演奏にたまげたものだった。

録音はエーテボリ・コンサートホールでのセッション。
SONY製のPCM機器とノイマン社製マイク使用などが誇らしげに記載。
更には表紙には赤文字「WARNING」が踊り、裏面にはこのダイナミックな
デジタル録音の再生に注意との記載。時代を感じる。
確かに最近のBISほどの奥行きはまだないがDレンジが広く自然な音響と
明確な音像を持つ音が収録されている。
BIS録音陣がこの当時から極めてレベルが高いことも思い知る。

11:09  9:47  5:11  12:09   計 38:16
演奏  S    計  91点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック