クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ニールセン 交響曲第3番 N・ヤルヴィ(91)

2015.12.24 (Thu)
Nヤルヴィニールセン全集DG
N・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団(91、DG)は曲が求める豪快さを備えた名演。
バーンスタインの熱狂はないが図太い。曲の相性もあり息子を上回る出来。
パーヴォの全集とネーメの全集を聴き比べて改めて父の素晴らしさを実感した。

第1楽章冒頭からドスの効いた叩きつけ。オケは結構太い音。安定感ある運び。
重要な展開部のワルツは実に繊細。そしてその後の強烈なブラス噴射。
アクセントも明快でこの楽章に合う。

第2楽章も前半は分厚い弦がいい味を出す。
抒情的な線の強いパーヴォだが、この楽章でも父ネーメの押し出しが強い。
ヴォカリーズのバランスも声が飛び出すことなく分厚い弦の雲の中から浮かぶ。

第3楽章冒頭のホルンは音を割らんばかり。この強さはずっと続く。
テンポが速いということはないが圧する雰囲気がある。
金管に負けない弦の強さもあっぱれ。

終楽章は最初じっくり。じりじりヴォルテージを上げる。
太い流れで単調さも構わず突き進む。実に堂々とした音楽。素晴らしい。

録音はエーテボリ・コンセルトフセットでのセッション。
スケール感あるホールでマッシブな力感が上手く捉えられている。
分厚い弦にブラスがしっかり乗っかる。
BISにシベリウスを録音していた頃より、このオケの厚みが増した気がする。

11:57  9:28  6:52  9:27   計 37:44
演奏   A+    録音 93点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック