クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ニールセン 交響曲第1番 C・デイヴィス(2011)

2015.12.20 (Sun)
LSO0715.jpg
デイヴィス/ロンドン交響楽団(2011、LSO)はヘビー級真実の歌。
この曲が本来想定していたカロリーの倍はある。
でも、小手先でなく自分の生き方・行き方を貫いているのでこれはこれで好きだ。

コリン・デイヴィス(1927-2015)は貧しい家庭で育ち、ピアノを買ってもらえず
安いクラリネットで音楽を始めた。そんな彼はニールセンと重なるところがある。
齢80を過ぎたこの力強い演奏には彼の共感がある。
Sir-Colin-Davis-435x290.jpg
第1楽章冒頭からこのコンビの特質、ずっしりゴツゴツ感が出る。
爽やかさとはかけ離れた重量感。トゥッティではごつい岩の塊りの音だが、
それが止み、木管が一人歌う場面の対比感・落差は大きい。
それが面白い。

第2楽章はゆったり大河のよう。
ロンドン響がそもそも重厚なのか、録音なのか、指揮者の嗜好なのか。
分厚い音がゴーッと流れる。

第3楽章のティンパニはダダをこねるかのような強打は聴きもの。
指揮者の歌が聴こえる。

終楽章は音だけ聞くとブラームスの第1番のような重さと凄味を持ちこむ。
およそ楽想とは離れているのだとは思うのだが・・・。
でも真実の音楽なのでその力強さには心打たれる。

録音はロンドン・バービカンでのライブ。客席ノイズはない。
このホールはLSO Liveでいつも使われるホールであまり艶のない音響が特色。
barbican.jpg
行ったことはないがNHKホールのような拡散型か。
だが、だんだんそれにも慣れてきた。
そればかりかコリン・デイヴィスの作る音楽の特徴とマッチしているような印象も。
非常に力のある音がする。SACD層ではより柔らかで音場が拡がる。

9:09  7:24  7:59  8:48   計 33:20
演奏   真A+    録音 92点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック