クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第5番(初稿版) カム(2014)

2015.12.01 (Tue)
sibelius150.jpg
カム/ラハティ交響楽団(2014、classiclive)はCDではない。

カム/ラハティ交響楽団のシベリウス・サイクルの興奮冷めやらぬ、私にとって
驚くべき発見があったので、まだご覧でない方に紹介したい。

「sibelius 150」 と検索したら出てきたサイト
http://www.classiclive.com/sibelius

ここに2014シベリウス・フェスティバルや2015の公演がアップされている。
ほとんどが、カム/ラハティ交響楽団の演奏で無料で視聴できるのだが
この内容が凄い!

・交響曲第5番はオリジナル・ヴァージョン

・交響曲第3番の第2楽章は聴いたこともない版

・ヴァイオリン協奏曲は初稿

・フィンランディアは、原曲と合唱付き版
などなど20曲+アンコール。

このページ上には淡々と曲目が表記されているが
あけて”びっくりぽん”の連続。
とにかく(Orignal Version)のオンパレード。
まだ全部を見ていないのだが唖然とする。

異稿版の演奏は手探り感のある面もあるが、
聴きたいと願っていたカムの第5番オリジナルヴァージョンが
あったのが何より。
ヴァンスカのCDでしか聴いたことがなかったものが
別の演奏で聴けるのはありがたい。
演奏内容は、ホントにカムらしい・・・。

また、第3番の第2楽章の「ドラフト・ヴァージョン」は
その存在すら知らなかった!
これは、ヴァンスカの全集にも含まれていなかったはず。
突然チャイコフスキーメロディが乱入するような展開も。

このサイトがいつまでオープンになっているのか
分からないが、これは堪能したい。

コメント

何時も有益な情報ありがとうございます。

素晴らしいページですね。早速3,5番とヴァイオリン協奏曲DLしました。
演奏会行けなかったぶん、じっくり聞きたいと思います。

いつも興味深く拝見しています。

殊にカムのシベリウスについては、ここを見て昔のグラモフォンやTDKでの演奏の魅力を知りました。そのおかげで、新しいBISの全集を購入してその素晴らしさを堪能できましたし、先日のオペラシティでのあの奇跡のような3日間の感動を体験することもできました。とても感謝しています。

さて、交響曲第3番第2楽章の異稿版は、BISのシベリウス・エディション交響曲篇(5CD)でクーシスト、ラハティ響で聴くことができます。このCDには、1番から7番までの異稿の断片が入っていて大変興味深いのですが、他の4枚が5番の初稿含めて既出(ヴァンスカ、ラハティ響)なので1枚のために購入というのは微妙、、、かもしれません(NMLでストリーミングでなら聴けますが)。

また、動画については、他にフィンランド国営放送のアプリ(Yle Areena)で今年のシベリウス・フェスティバルの演奏を数多く観ることができました。ヴァンスカが登場した3番などすごく良かったのですが、期限切れ?か今は視聴できないようです。来年もフェスティバル直後には公開されるのかもしれませんね。

初めての投稿で長文失礼しました。。。



H.U.さま

横から失礼いたします。そんなアルバムがあるのですね…
有益な情報ありがとうございます。
こちらですね。
http://www.eclassical.com/conductors/vanska-osmo/the-sibelius-edition-vol-12-symphonies.html

カムのシベリウスはあと1〜3番なので一緒に買ってしまいそうです。
H.U.様
ご丁寧な投稿ありがとうございます。
当方のメモが参考になったとのお言葉、嬉しいです。
オペラシティでは感動を共有していたわけですね。

また、シベリウス・エディションにこれほどの
異稿版が収録されているとは知りませんでした。
興味津々です。ご連絡ありがとうございます。
また、色々ご教示ください。
もう1件
来週9日(水)のベストオブクラシックで、今年9月5日のシベリウス音楽祭オーケストラ最終日のライブ録音がオンエアされます。
いずれもカム、ラハティ響で、大洋の女神、ポホヨラの娘、交響曲第6番、第7番、そしてアンコールのフィンランディアまで!
この日のコンサートマスターはたしかMaaria Leinoさんでしたから、今回の来日公演と一緒。
目を閉じて聴けば、オペラシティでの感動がよみがえる、、、かもしれません。
フィンランド放送協会様感謝! (あ、NHKもか)

もう一つ。
ご存知かもしれませんが、BISがyoutubeで公開しているカムの全集のプロモーションビデオ。
カムのインタビューを交えた録音風景でわずか5分ほどなのですが、曲は6番。シベリウスの交響曲全集のプロモーションといえば、普通なら2番でしょうか?
ところが、これがたまらなくステキなのです。映像も、6番の使い方も。
安曇野さんがコメントされたとおり「この録音にかかわった全ての人がこの曲を愛し理解している」からなのだと思います。
H.U.様
またしても貴重な情報ありがとうございます。
FMは最近聴いていないので
早速netFMのスタンバイしました。
この日の前後もシベリウスを放送するのですね!

また、BISのPVは確かにシベリウスの
6番を使っていますね。
世界的には6番の演奏回数は少ないとのことですが
日本人にはこの儚さが沁みるのではないでしょうか。
カムの淡々とした指揮ぶりとともに
素敵なビデオですね。
ニュースです!
フィンランド国営放送のアプリで見られなくなっていた今年のシベリウス・フェスティバル、オーケストラ最終日がclassicliveでアップされました!
曲は上で書いたとおりで、確認したらアンコールのフィンランディアも7番の後に入ってました。しかも、オーケストラのメンバーが舞台を去り、聴衆が帰りはじめるまでしっかりと収録、完璧です。
公開は来年の2月までですので、今週のNHKFMを逃してもゆっくり楽しめます。
(ちなみにフィンランディアのパーカッションは3人でしたw)
あまり書くとネタバレになりそうなのでやめますが、フィンランディアでのカムの表情がたまりません!
聴衆のスタンディングオベーションといい、先日のサイクル最終日を思い起こす格好の映像だと思います。
classiclive
H.U.様
素晴らしい情報!!
ありがとうございます。
classiclive、凄いですね。
暫く楽しめますね!(^^)!
カム素晴らしいです
今じっくり動画みつつ交響曲3番聴きましたが、やっぱり素晴らしいですね。
アンコールの曲も凄い良かったです。余りに良かったので思わず書き込んでしまいました。スミマセン。やっぱりカムの1〜3番買ってしまおうと思います。

こちらのブログがなかったらシベリウスがこれほど聞く様にはならなかったかと思いますので、安曇野さまには本当に感謝しております。

管理者のみに表示

トラックバック