クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第3番 ストゥールゴールズ(2013)

2015.11.01 (Sun)
ストゥールゴールズ全集
ストゥールゴールズ/BBCフィル(2013、CHANDOS)はニュアンスより率直。
この演奏を最初聴いたときは良い、と思った。
しかし、その後カム/ラハティを聴いて違いが歴然とした。
特に第2楽章。
カムもストゥールゴールズもただ流している部分はなく、随所に新鮮な発見をさせる。
しかしそうした表現の発露が単発的なものか一連のつながりを持っているのかで
こうも音楽の説得力が変わるのだ。また、オケのバランスもラハティの一体感に
対してこちらは分離感がある。その結果、カム盤はそのまま身を任せて浸れるが、
この盤は一種の緊張感で身構えてしまう。

しかし、この演奏はそもそもカム盤と行き方が違うので同列で比較するのは意味がない。
両端楽章の逞しい力感、イキイキ感がこちらの身上。
カム盤よりこちらの方が健康的で好きという感想もあろう。

録音はサルフォード・メディアシティUKでのセッション。
スケール感のある音で迫力もある。低弦のバキバキ音なども生々しい。

(↓シベリウス公園のモニュメント、実際に見た時は鳴っているように感じた)
SibeliusParkMonument.jpg

10:17   9:48   8:43   計  28:48
演奏   A    録音 95点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック