クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ヴィヴァルディ 弦楽のための協奏曲  モード・アンティコ(99)

2015.10.28 (Wed)
modo.jpg
サルデッリ/モード・アンティコ(99、TACTUS)はガット弦の独自の世界。
がさっとした音と、アーチ型の持続音。洗練を狙わず古の音を追求。
弦の掠れ感と低弦の厚みでピノックなどとは真逆の音。

1984年にヴェネチアで、指揮者サルデッリにより設立されたこの楽団。
ヴィヴァルディに傾注している古楽器集団だ。
(↓後列左から3人目のヒゲがサルデッリ)
ModoAntiquo07_10.jpg

収録曲は弦楽のための協奏曲で
RV114、157、133、119、136、154、160、127、164、121、150、159
と良い曲が集められている。
多くない短調の曲(157、133、119、154、127)を集めているのも珍しい。

ヴィヴァルディのこの分野での短調の曲は皆名曲ぞろいだ。
モーツァルトがよく「疾走する悲しみ」と評されることがあるが、
私はヴィヴァルディのこれらの曲にこそ当てはまる気がする。

大好きな名曲RV157など
第1楽章は項垂れあきらめの下降音型が繰り返される打ちひしがれ、
第2楽章で落ち着きを取り戻し、
第3楽章でまさに涙を流しながら疾走する。
短く切られる音は素朴でもあり、哀愁ある決意を感じさせもする。
終盤で大見得を切ったりするなど情熱的な演奏だ。

12曲の最後は名曲RV159だ。
色んな事があったが、愉しかったね、といっているような演奏。

録音はイタリア・ヴェニス?でのセッション。
音場はさほど広くなく響きも短め。先述の通り、低域成分を多く取り入れ、
太めのおとを基軸とする。帯域は欲張っていない。

57:45
演奏   A    録音 90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック