クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ヴィヴァルディ 弦楽による協奏曲集 イ・ムジチ(92)

2015.10.27 (Tue)
弦楽協奏曲イムジチ
イ・ムジチ(92、PHILIPS)は温もりがあり明るい。
聞き流すとワンパターンだが、安心感の極致。

収録曲は
1 協奏曲変ロ長調 RV163「コンカ」
2 同ヘ長調 RV136
3 同ハ短調 RV118
4 同ニ長調 RV123
5 同イ長調 RV160
6 同ニ短調 RV128
7 同イ長調 RV159
8 歌劇「ダリオの戴冠」 RV719〜シンフォニア ハ長調
9 協奏曲ヘ短調 RV143
10 同ハ長調 RV117

どこにも癖がなくとにかくヴィヴァルディの愉悦に浸らせてくれる。
コンマスはシルヴ。私はこの時代の音が好き。
能天気ではなく、ぬくもりの中に陰影がある。品がある。
曲ごとの個性はそれほど浮きたたせない。
短調の曲でも悲しさを強調しない。
チェンバロやオルガンも彩りを添えるが出しゃばらない。
故にBGM的に流しても全くひっかからない。
そこのがこの演奏の、というかイ・ムジチの特徴。

私の好きなRV159もじつに健康的で伸びやか。
第3楽章の語りあいもにこにこ美しい歌がある。

録音はスイスのラ・ショー・デ・フォンのムジク・ザールでのセッション。
シルキートーンが実に心地よい。響きは優雅でリッチ。
王族にでもなったような豊かな気分になる。 
ショーデフォン音楽堂

55:35
演奏  A   録音 94点  

コメント


管理者のみに表示

トラックバック