クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第4番 ヴォルメル(2008)

2015.10.13 (Tue)
ヴォルメル14
ヴォルメル/アデレード交響楽団(2008、ABC)は森の中。幻想曲。
寂しい、寂しすぎるかもしれない。
しんしんと降り積もる雪の中の静寂。温もり、灯りを求めて彷徨う。

第1楽章から終楽章まで性格付けの対比は強調されず幻の中で流れる。
深刻さを出さずになだらかに通り過ぎる。
あまりにも寂寥感とモノクロで覆われた世界と感じるかもしれない。
形式的には4楽章だが起承転結という交響曲の枠を捨てている。

終楽章に辿り着くと少し光が見える。
グロッケンではなくダイヤモンドダストのようにきらきら鳴る。
チューブラベルをトライアングルビーターで叩いているのではないか。
晴れ晴れ感はほどほどでどこまでも楚々としている。
最後に鳴く夜の鳥の声がまた寂しい。
ほんとに灯りを見つけることが出来たのだろうか。
finland_20151011231020ce8.jpg

録音はアデレード・タウンホールでのセッション。
綺麗なホールトーン、少しヴェールに包まれたような慎ましい音は
この曲に適している。これ見よがしに各楽器が強調されない。
雰囲気のある録音。

9:58  4:44  10:09  10:04   計 34:55
演奏  森A+    録音 94点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック