クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シベリウス 交響曲第6番 ヴォルメル(2008)

2015.10.11 (Sun)
ヴォルメル56
ヴォルメル/アデレード交響楽団(2008、ABC)はどこまでも切ない。
意を抑し殺す終結の慟哭に泣ける。
何度接してもほんとにこの曲は素敵だ、と感じる。

ヴォルメルのシベリウスの全集におけるテンポ感はどちらかというと
速めだがこの曲では31分とたっぷりかけている。
この指揮者もこの曲を慈しみ愛している。

第1楽章この導入は誠に大事だが綺麗に入るが神経質ではない。
この後に始まる木管によるモチーフの提示はひんやりした空気の中に
舞い降りる葉のよう。弦楽各パートの扱いは読みが深い表情を見せる。

第2楽章は保有盤最長。
この楽章は前半が想いにふけ、後半には夢の中で何かを捉えようと動くが、
この演奏は前半が特に慎重に扱われる。
少し粘り音を延ばすだけでなく後ろ髪を引かれるような気配。

第3楽章の弦の躍動は冷えた鼓動。

終楽章はアタッカで入る(当然指揮者の指示)。
前楽章の怒涛の嵐の後、佇まいを一新して起立するこの冒頭は切ない。
そしてテンポを緩め振返る。この慎ましい音楽を優しく扱う。
音楽が展開してリズミックになると軽く弾む。それをティンパニと弦が受け止める。
音の断片の頻繁な入れ替わりに立ち眩みしそう。
終結は抑制してもしきれない思いが前にのめる。
決して喚くことはないが、思いは強い。

本CDはこの曲の後に「悲しきワルツ」が続く。
交響曲は現生なのだが、このワルツはすでに次の世界に入ってしまっている
ことを痛切に感じた。案外こうした順番による編集はないのでこれまた発見だった。

また、この全集のCDジャケットがまたひんやり。
フィンランド中部のユヴァスキュラ(Jyväskylä)の風景。
シベリウスの音楽はこうした冷気と切り離せない。

録音はオーストラリア南部の州都アデレードのタウンホールでのセッション。
澄んだ中にも羽毛のような肌触り。ソフトフォーカスの音が幻想を掻き立てる。
オケの低弦の重くない木質感ある響きなどもよい。

9:03  7:17  3:48  10:58   計 31:06
演奏 A+    録音 94点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック