クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

モーツァルト 交響曲第29番 カンテルリ(55)

2015.10.01 (Thu)
カンテルリ29
カンテルリ/フィルハーモニア管弦楽団(55、EMI)は心地よい流動。
自然な流れの中に躍動感があり、ああいい音楽だな、と思う。
この録音はカンテルリ(1920-56)の数少ないモーツァルトであるが
清潔感がありセンスの良さを感じる。
特に弦の扱いに全く無理がないところが美しさの秘訣。
第2楽章の弦の歌わせ方など伸びやかで惚れ惚れする。
敢えて自己主張をしない。
これを聴いてイタリアの偉大な先輩トスカニーニを思い出すことはない。
Guido-Cantelli_20150923102858e49.jpg

録音はキングスウェイホールでのステレオ・セッション。
モノラルと並行して録音されたステレオだと思うが予想以上に綺麗。
曲からして金管や打楽器などでDレンジを食うことがないので問題はない。
やはり左右の弦の掛け合いが楽しめるステレオはありがたい。
響きの量は適切。
リマスターもよくヒスは残るし鮮度も若干落ちるが音楽を楽しむ支障はない。

7:03  5:36  3:19  5:20   計 21:18
演奏  A+    録音 85点

コメント

No title
カンテルリは天才でしたね。
あの事故死さえなければ、カラヤン並みの
いや、それ以上の活躍をしたと思います。早死が本当に悔やまれます。
カンテルリの映像と音源の一部が聴けるサイトがあります。
http://cantelli.real-sound.net/index.html
No title
ヨシ様
カンテルリのBOXを聴いていると
極めて真っ当な音楽を作る指揮者だなと感じます。でも飽きさせない不思議な魅力がある。

管理者のみに表示

トラックバック