クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ムソルグスキー 展覧会の絵 セル(63)

2015.09.16 (Wed)
セル
セル/クリーブランド管弦楽団(63、SONY)は恐ろしい。
何がというと録音も含め室内楽的美学を貫徹する潔さ。
大オーケストラ曲なのでもっと聴衆を喜ばすことはできるはず。

奏者を試すようなこの演奏は、プレイヤーの緊張はマックス。
曖昧さを排除したこの演奏に、我々は大リストラを行った後
完全にセルに掌握され楽器となったこのオケの水準の高さを思い知る。
音は端的で粘らず、ブラス群も無愛想。
しかし楽器のバランスは完璧に管理され濁らない。

聴いていて面白いかといわれると遊びのなさに窮屈さを感じないではないが、
引き締まったフォルムは独自の美感を持つ。

各楽曲ごとの表情の変化は少ない。
盛り上げどころの「バーバ・ヤガ」「キエフの大門」でも効果を狙わない。
最後の最後主題が回帰し壮大に盛り上がる場面でティンパニの単打を
トレモロクレッシェンドに変更しているのはこのころのアメリカオケの習わしかも。

録音はセヴェランス・ホールでのセッション。残響は少なくスリムで明晰な音。
オケの音は直截的に伝わるので誤魔化しは一切効かない。
低域の量感は少ないので少し補強したら立体感が増し、
ヒスは若干残るが、当時の優秀録音であることを再認識。
George-Szell.jpg

31:03
演奏    潔A   録音 89点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック