クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

R=コルサコフ シェエラザード メータ(74)

2015.09.11 (Fri)
メータロスフィル
メータ/ロスアンジェルスフィル(74、DECCA)は爽やかグラマラス。
メータの体質にあっているのか綺麗に歌いながら濃密。
87年の再録音より演奏、録音ともに上回る。
やはり人には勢いのある時期というものがあるものだ。
(↓録音時1974年のメータ)
1974Mehta_2015090923501808d.jpg

第1楽章冒頭の主題がやたら分厚いのは
チューバの神様ロジャー・ボボがいるから。
その後はしっかり丁寧に歌う。
第2楽章もワンフレーズワンフレーズを大切にしている。
メータが入れ込んでいるのがわかる。
第3楽章はチェリを上回る12分超え。
ヴァイオリンソロの場面など清潔な美しさ。
テンポは一様ではなくたっぷりした間、流麗な進行など絶妙だ。
終楽章はメリハリが効く。弦のアタック、金管のキレ。小気味良い躍動。
全体の線は細身ながら解像度の高い録音に助けられ聴かせる。

録音はカリフォルニア大学、ロイス・ ホールでのセッション。
響きの量は少なく乾いた空気を感じさせる音。ただデット感はない。
伸びが良く混濁なく、打楽器の粒立ち、金管のバリバリ感など良く拾う。
マス的というよりDECCAらしいマルチマイクをうまく使っている。

10:21  11:38  12:04  12:02   計 46:05
演奏  A+   録音 92点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック