クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

モーツァルト ピアノ三重奏曲 全曲 ザルツブルグ・モーツァルト・トリオ(79)

2015.08.05 (Wed)
モーツァルトトリオザルツブルグ
ザルツブルグ・モーツァルト・トリオ(79、harmonia mundi)はピリオド楽器ベテランによる演奏。
作曲家が当時の楽器の音色を頭において作った曲なのだから、
当時の再現としてはこれが正しいのだろう。
ただ、現代楽器のピアノはやはり美しくその響きに慣れた耳には、
このハンマーフリューゲルはいかにも地味。
乾いた音色と響かないチェンバロ的な音は滋味には溢れるが物足りなさが
付きまとってしまう。
またガット弦のヴァイオリンも高域の滑らかさに難があるように感じる。

減衰が早く音の強弱がシンプルな古楽器によっているので
表情の幅が制約されてしまうのは仕方ない。
特に3つの楽器だけで奏されるトリオではニュアンスが限られることを痛感。

このトリオは1963年に結成され、オリジナルの楽器トリオとしては最古参。
スティーヴン・ツェール(ハンマーフリューゲル)アンネグレート・ディートリヒセン(ヴァイオリン)
マックス・エンゲル(チェロ)は何度もこの曲をレパートリーとして録音もこれで3回目。
テンポは落ち着いており、演奏自体は虚飾なく安心して聴ける。

録音はザルツブルグ、アーレンベルク城でのアナログ・セッション。
schloss arenberg
響きは大きくなく音像も遠く中央に寄っているため、モノラル的にこじんまりした感じ。
古楽器ということもありそもそもくすんだ音なのだが、録音自体も非常に地味。
ヴァイオリンなどもっと伸びが欲しい。

第1番から第6番
16:39  26:15  23:38  19:54  20:56  17:06   計 124:28
演奏  B+    録音 86点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック