クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

モーツァルト ピアノ三重奏曲 全曲 ザ・モーツァルティアン・プレイヤーズ(90)

2015.06.27 (Sat)
ザ・モーツァルティアン・プレイヤーズ
ザ・モーツァルティアン・プレイヤーズ(90,harmonia mundi) は時代楽器による典雅な音。
フォルテピアノを中心としたコロコロとした乾いた音。
現代ピアノと違う音なので最初は違和感を持つのだが、聴き進むと
このくすんだ音色が雅の世界に誘う。
キラキラ感は少ないが落ち着いた音でタイムスリップを味わうにはには良い。

ルービン(Pf)を軸にリッチ(Vn)ルツケ(Vc)は1979年のこのトリオを組んだ。
The20Mozrtean20Players600.jpg
本拠はニューヨーク。
ピリオド楽器によりハイドン、ベートーヴェンなどを演奏しているが、
このモーツァルトはその集大成。
ムード的でなく明るくはきはきした演奏。決して濁ることはなく気持ちがいい。

録音はニューヨーク州立大学でのセッション。こじんまりした中にも美しい響き。
各楽器は左右に拡がりを持ち伸びやかで清々しい。

第1番から第6番
20:20  26:37  24:05  19:55  20:04  16:50   計 127:51
演奏  雅A    録音 92点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック