クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ムソルグスキー 展覧会の絵 ナッセン(95)

2015.03.10 (Tue)
ナッセン
ナッセン/クリーヴランド管弦楽団(95、DG)はストコフスキー版。
この版の使用の演奏の中では一番さらりとしている。

ナッセンは1952年イギリス生まれの作曲家兼指揮者。
自作の現代音楽の交響曲や「怪獣たちのいるところ」というオペラで目にしていた。
Oliver-Knussen-conducting-006.jpg

この盤はオケが上手くかつ指揮者のコントロールがしっかりされており
抑制の中に美しさが光る。
バーメルト盤やセレブリエール盤もよいが録音で響きが多すぎるのが
気になるので個人的にはこれが好み。

ともかくストコフスキー版を扱う指揮者がいずれも作曲家でもあり、
ストコフスキーと交流があった人たちというのが面白い。
ストコフスキーには、何か惹きつけるところがあったのか。

録音はクリーヴランド・セヴェランスホールでのセッション。
このホールらしい鳴りのするスケール大きな録音。
(このホールの録音ではセル指揮のブルックナーの
 交響曲第8番の第4楽章冒頭の進軍が巨大だった)
一定の距離感はあり自然なマス感。派手さは少ないが優秀録音だ。
Severance-Hall-Newurbanmom.jpg

演奏はこの版を遣いながら奇を衒うことはなくというのも変だが、
極めてまっとう。ある意味一番拒絶反応が少ない盤かもしれない。
ストコフスキー版の拡大志向を一定のところで抑えて、
極端な表現をとらない。
しかし演奏の緩急をうまくとり飽きさせない。
私はストコフスキー版のド派手な部分より寂しくも優しい抒情に
惹かれるが、そうした意味では「古城」の美しさが光る。
この部分だけ聴くとラヴェル版より深みがあり好きだ。
「ビドロ」の勢いのいいテンポはストコフスキー譲り。
「バーバヤガ」以降の派手さはバーメルト盤やセレブリエール盤の方が上。
オルガンの鳴りも控えめ。

今のところ、この編曲で派手さを求めるならばストコフスキー盤,
ハチャメチャを求めるならロジェストヴィンスキー盤、
正統派?ならナッセン盤、
壮大な音響伽藍ではバーメルト・セレブルエール盤というところか。

28:28
演奏  A+   録音 92点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック