クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

マーラー 大地の歌 バレンボイム(91)

2014.12.10 (Wed)
バレンボイム大地の歌
バレンボイム/シカゴ交響楽団(91、ERATO)は案外地味。
バレンボイムだからもっといじくると思いきや素直で誇張のない進行。
オケも派手な音を鳴らすことなく、録音も手伝って極めて落ち着いた仕上がり。
結果的に渋いともいえるが、訴えかけが弱いと感じた。
ただ、メゾソプラノのヴァルトラウト・マイヤーの歌唱は品があり素敵だ。
この人を聴くCDとすれば評価は高い
が、それならば全体のレベルが更に高いマゼール盤がある。

録音はシカゴ・オーケストラホールでのライブ収録。客席ノイズのある真正ライブ。
よって聴衆がいる分デット感が強い。マイクはやや遠く放送局録音的なマス系。
Dレンジはほどほどで、深い量感はなく低域も薄め。

第1楽章冒頭は響きの少ない中飛び出すオケとテノール(イェルザレム)。
方向性が定まらない音が飛び交うためこの曲は冒頭が大変だ。
オケは流石に誤魔化しが効かない中でもしっかり鳴るが、声はやや苦しい。
全体のテンポは速めで過度な表情はない。

第2楽章のメゾソプラノのマイヤーは音響の悪さの中でのスッと突き抜けた
綺麗な歌唱。オケも巧く寄り添い出しゃばらない。

第3楽章頃になると音響にも慣れて地味さ加減がよくなったり。

第4楽章「美について」は、ドルチェシモでオケは丁寧。
後半の馬で駆ける部分も騒がない。

第5楽章「春に酔える」も落ち着いた表現。

第6楽章「告別」は冒頭の部分が録音もあって現実感のある、ライブ的な音。
CDではもっと深い表現を刻むことができる。たとえばバスクラの音をぐっと
拾うことで天上界から落ちていくような表現をすることができるはずだ。
そこがこのCDのもどかしいところ。オケはいいのに。
一方、マイヤー自体の歌は誇張がなく好感が持てる。
伸びやかの部分ではスーと立ちあがる。
オケは抑制が効き室内楽的。
曲も終盤に差し掛かると慎重さから一歩踏み出そうとする意志が見え隠れする。
ここに来るとマイヤーは生えの執着を見せるかのような絶唱を見せる。
オペラティックな面がないわけではないが安定感がある。

7:33   8:49  2:50  6:59  4:07  29:43  計60:01
演奏  A-   録音   89点

コメント

マイヤー
ライブのせいか?尻上がりに良くなっていった気がします。
バーンスタインに比べるとバレンボイムは伴奏に徹している感じですが
「交響曲」ではなく「歌曲集」としたら正解かもしれません。

しかし、これはマイヤーを聴くべきCDですね。
バリトン版も聴きますが、やはり女声の方が本来の姿でしょう。
「告別」は少し苦手なのですが、すんなりと聴け、感銘を受けました。
No title
影の王子様
渋いCDにコメント頂きました。
暫く聴いていない音源でやや記憶が
遠のいておりますが
そうなんです、マイヤーですね。
私も女性の澄んだ声で告別を
聴きたい派です。

管理者のみに表示

トラックバック