クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

シューマン 交響曲第3番 バレンボイム(03)

2014.07.19 (Sat)
バレンボイム新全集
バレンボイム/ベルリン・シュターツカペレ(03、Teldec)は怒りのような強さ。
音色はコンヴィチュニーとゲヴァントハウスのような古色蒼然。
そこに力こぶを足したような演奏。ティンパニの爆音はメルツ盤を抜くかも。
最近の演奏には珍しいオケを引きずりまわすような強引な音楽。
美感を追わずに濃厚気迫で勝負。

録音はベルリンのNLG第一スタジオでのセッション。
デット気味でギュッと凝縮された響き。分離や伸びがよいとは言えない。
拡がりに欠けモノラル期の東独録音を彷彿させる。

第1楽章冒頭から拳骨で殴るようなどかんとした出だし。
その後も音の塊りが土砂崩れのように奔流する。
全体の筆圧はもの凄く強く、ティンパニがくすんだ太い音なのに強連打する。
録音のせいもあるが白黒時代のゴジラ映画を見ているよう。
表現は基本的に率直だが時に溜めや強弱を思い切って作る。
終結は怒涛。

第2楽章は両翼配置が分かる。
チェロの押し出しの強い音が中央から、高弦が左右から癒す。
それにしてもひとたび音楽が高揚すると威圧的な剛直な響きになる。

第3楽章は一息つける。テンポはゆったり目。ただ、弦は濃い表情付けをする。

第4楽章は遅いテンポで首をじわじわ締めるような窮屈感。
金管のコラール吹奏は荘厳というより呻き。最後のティンパニは雷鳴。

終楽章はゆっくり始まるがテンポは定まらない。
伸びのない録音もあり晴れやかさがない。
音圧は依然強くニコリともせずぶっきら棒な表情で突き進む。
21世紀になってこのような音、演奏がされるとは思いもよらなかった。
物分かりのいい演奏が多い中で中でここまで一徹な音楽は珍しい。
音のヌケがもう少し良ければ、さぞかし痛快と思う。

9:00  6:36  5:36  6:35  5:57   計  33:44
演奏  剛A   録音 88 点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック