クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

フィンジ エクローグ ジョーンズ(p)(92)

2014.07.15 (Tue)
フィンジエクローグ
ジョーンズ(p)/ボートン/イングリッシュ・ストリング管弦楽団(92,Nimbus)は
気絶するほど美しい。
これほどまでに高貴で儚い音楽を私は知らない。
フィンジ(Gerald Finzi)は1901年生まれ1956年没のイギリスの作曲家。
この曲は弦楽とピアノのための協奏曲の第2楽章として着手されながら未完成に
終わったものを後に「エクローグ」として独立したもの。
エクローグ(Eclogue)とは田園詩、牧歌という意味であるが、
印象としてはのどかな暖かさというよりも、もっと清冽で人間的な気高さを湛えている。

慎ましいピアノのソロで始まりそこに弦が優しく慈しむように絡んでくる。
心洗われる瞬間である。
その後もピアノと弦が感情を秘めながらひたすらそっと掛け合うが、
押さえても押さえても押さえきれない感情が溢れ出てしまう。
しかし、落ち着きを取り戻しまた静かに堪えて歌い始める。
最後は、苦い思いをそっと胸に閉まって終わる。

情緒のみに流れることがなく凛として耐えているようなこの音楽は、
ある意味男性的でもある。
ただ感傷的で甘い甘いムード音楽と違うのは、品格があるから。
たかだか、10分ほどの音詩であるが、この曲のみでフィンジは不滅の輝きを持つ。
Finzi.jpg

録音はバーミンガム大学の大ホールでのセッション。
広い空間に静謐な音楽が流れるのを手助けする優秀録音。

この曲のCDは手元に5枚ほどある。どれも共感に満ちていて悪くはない。
ただ、その中で一番のお気に入りは、冒頭にこの曲を配した
「Meditation at Sunset」というオムニバス盤。
黄昏の瞑想時間に聴くのに適するとの趣向だが、個人的には黄昏時でなく
休日の朝の落ち着いた一時でも、夜でも心を癒してくれる曲でありCDだ。
他の盤は「フィンジ作品集」の中に収録され統一感があるようだが
(実はこの演奏はもともとはフィンジ作品集として収録)、
激しい曲も入っていたりで癒しの一貫性に欠けるものもある。

この演奏自体も繊細さと凛とした気高さを併せ持つ。言うことがない。

なお、現在一番入手しやすいのはドノホーのピアノによるNAXOS盤だろうが、
この曲の魅力は伝わる。(本音はもう少しデリカシーが欲しい)

9:56
演奏  S   録音 92点

コメント

こんばんは。
曲が素晴らしく、ドノホー盤で満足していますが、同曲異演も聴きたいとは思っていました。ジョーンズ盤聴いてみたいですね。
garjyuさん
全く有名でない曲なのでしょうが
こんな素敵な曲があるから
CD漁りがやめられないです(汗)。
宝物探し
お早う御座います。暑いですね!
フィンジの名前は微かに覚えはありますが、所有盤の中にあるかどうかは、定かではありません。NAXOS盤があるかも知れませんが、「優しいイギリス名曲集?」というようなタイトルのCDに含まれているかも知れませんね。今度探してみます。
エルガー、V・ウィリアムス、デリアス、ブリッジ、ホルストなどイギリスの音楽家はこういう穏やかな曲をつくるのが得意ですね。というか、こういう心情に共鳴するのでしょうね?空でいえば、少し曇った、霞がかかったような風景ですかね。決してイタリアの空のような澄んだ青空ではないですね。同じ弦楽の曲を作っても、ロッシーニの「弦楽のためのソナタ」(実は大好きな曲で、沢山持っている)ような明るさはないですね。それが、イギリス音楽でしょうか。
こういう曲を、自分の愛聴曲の一つとして持つのは、楽しいことですね。羨ましいです!
クレモナさん
ありがとうございます。
時代を経て残ってきた有名曲は万人に受ける
やはりそれなりの理由があると思います。
が、そうでない非有名曲の中に宝物を発見した時の
喜びは大きいですね。
ロッシーニの「弦楽のためのソナタ」ですね。
聴いてみます。

管理者のみに表示

トラックバック