クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ショスタコーヴィッチ ピアノ協奏曲第2番 アレクセーエフ(83)

2013.09.19 (Thu)
ショスタコpconアレクセーエフ
アレクセーエフ(p)/マクシミウク/イギリス室内管弦楽団(83、EMI)は
メリハリ・はっきり。

録音はセント・ショーンズ・スミス・スクエアでのセッションで芯のある力強い音。
それでいて独奏時は響きが透明で美しい。

第1楽章は一音一音明確に弾く。長男マキシムのピアノ教則本の練習のようだ。
受けるオケも明快だ。展開部になると、両者力感を増す。
テンポはどっしり構えたもの。終結は強い。

第2楽章弦の優しい第一主題呈示に対して
ピアノはここでも粒立ちくっきりの第二主題で応える。

第3楽章はピアノがきらきら。おけもイキイキ。
強弱の表情もしっかり。終結の追い込みもよい。


7:55  6:04  5:27   計 19:26
演奏  A   録音 91点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック