クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

チャイコフスキー 交響曲第3番 ロストロポーヴィッチ(76)

2013.05.28 (Tue)
チャイコロストロ3
ロストロポーヴィッチ/ロンドンフィル(76、EMI)は愛情溢れる演奏。
歌謡性を前面に押し出しているが、ロンドンフィルということでローカル色は
中和されている。また、ここぞという時の踏み込みもまだ浅く、優しい演奏になった。

録音はキングスウェイホールだが、少し遠めで立体感の少ない音。
考えてみれば残念なテンシュテットのマーラー録音と同じ組み合わせだ。
ということで量感を増強して聴いた。
しかし最強音で余裕がなくなるのはいかんともしがたい。

第1楽章は思いたっぷりの序奏で入る。情感が込められ共感度が高い。
オケはイギリスだから楽器の音は中立的だがロシアの匂いがする。
フレーズが一区切りして次の展開に移る時優しく一呼吸置く。
新しいメロディが埋もれないようにゆっくり提示する。
派手な音響はなく終結も追い込まないため迫力という点では物足りない。

第2楽章も優しく包み込む。

第3楽章は懐かしさに溢れる。そよ風のよう。
力感は抑えられメロディを中心に据える。
何か夢でも見ているような独自の世界。

第4楽章は一転速い。強弱をつけ表情は豊か。

終楽章は流動感あるがバレエ音楽のような軽さ。
ティンパニや低弦が弱いのでどっしり感がない。録音が災いしているかもしれない。
やはり交響曲なのだからしっかり締めてほしいところだが、
最後まで優しさ満点なのが不満。

14:22  7:35  10:10  5:24  8:57  計46:28
演奏  優A- 録音 86点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック