クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

チャイコフスキー 交響曲第2番 ムーティ(78)

2013.05.21 (Tue)
チャイコムーティ2
ムーティ/フィルハーモニア管弦楽団(78、EMI)は痛快この上ない。
民族性には目もくれず緊張感を持って突き抜ける。
これを爽快と言わずしてなんと言おうか?
音楽が浅い?そんな批判はこの演奏の前では屁の突っ張りにもならない。

録音はアビーロードスタジオでのセッション。
当時のSQクァドロフォニック用の録音。このSQ4用のものは芯がぼけていたり
することが多いが現在のCDリマスターでは悪くない音。
突き抜ける新鮮さや音の凝縮感はイマイチながら鼻づまりではない。

第1楽章は速めに入る。土着性を際立たせずスムーズに進む。
しかし、徐々に血管が浮き出る。
4分半ごろからパーカッションが皮の揺れを伴い叩かれるのを聴くと身構える。
緊張感が揚がる。弦のザクザク音が気持ちよい。
何か恐ろしい予感を残してこの楽章を不気味に閉じる。

第2楽章も速めの行進。

第3楽章は各楽器のトランジェントがよい。音が弾けてる。ウキウキする。

終楽章は最初からティンパニの強打に驚く。この芯の硬い音は何だ。
序奏が済むといったん落ち着く。
ことさら速いわけではない。
しかしそこに漂う集中力は異様。
2分過ぎからやはりティンパニが突出してくる。
録音バランスがおかしいわけではない。ティンパニが異常。
いや、大太鼓、シンバルみな狂っている。
民謡はいらないとばかりに直線的直截的。
少し上を向き顎を突き出し、髪を振り殺気立つムーティ。
これは恐ろしいことが起きそうだ。やはり起きる。
8:55の銅鑼を合図にオケが血も噴き出す形相で一斉掃射。
ティンパニは最後崩壊するのではないかと思った。快感!!

9:53  6:43  5:08  10:28   計 32:12
演奏  S   録音 89点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック