クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ブリテン ヴァイオリン協奏曲 マクアスラン(89)

2013.05.19 (Sun)
ブルテンマクアスラン
マクスラン/ベットフォード/イギリス室内管弦楽団(89、collins)は真摯で感動的。
指揮者ベットフォードはブリテンのよき理解者として知られ、
オペラも含め主要作品を録音している。ゆえにオケパートは積極的で自信もある。
ソロはそれに引きずられ巻き込まれ熱演を展開。

録音は、ブリテンゆかりのSnape Maltingsで空間は大きくないが伸びのある明瞭な録音。
コリンズレーベルのオケ録音は詰まり気味のものが多い印象だがこれは違う。

第1楽章冒頭はオケもソロも真摯に正面切って音を押し出してくる。
テンポは堂々としたもの。念を押すような強さを持つ。
流麗さを狙うのではなくガシッとした意志の強さを感じる。
アクセントは明瞭で訴えかけがストレート。音楽の襞に分け入り抉りだそうとする。
オケとソロの息もあい協働作用している。

第2楽章も軽くはなくドスが効く。カデンツァも意志的。

終楽章に入るとトランペットの強奏が心を引き裂き、トロンボーンが審判を下す。
ソロは最後の最後まで真剣勝負を挑み続ける。
この女流ヴァイオリニストは知らないが強靭な音には恐れ入る。弾き切る。
そしてオケの熱演にも拍手を贈らなければならない。

コリンズレーベルが潰れて、ナクソクが自社録音があるのに
この共感度合いの強い演奏を移行発売したのはわかる。

9:45  8:33  14:38   計 32:56
演奏  S  録音 91点

コメント

ブリテンの ヴァイオリン協奏曲があること知りませんでした。
早速、聴きました。やはり、ブリテンは凄い作曲家だと感じ入りました。
高木様
ご訪問ありがとうございます。
ブリテンと言えば、中学校の「青少年のための管弦楽入門」
でしたが、この学校で習った音楽はブリテンにとって
中心部分でないことが後からわかりました。
ヴァイオリン協奏曲は若きブリテンの天才の証明ですね。
今後ますます演奏が増えると確信しています。

管理者のみに表示

トラックバック