クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ヴィヴァルディ 四季 カルミレッリ イ・ムジチ(82)

2013.04.13 (Sat)
カルミレッリ四季
カルミレッリ/イ・ムジチ(82、Philips)はさらりと素敵。
アーヨ盤がイ・ムジチとしては一番有名なのだろうが、
今となってはもっと軽やかな演奏が欲しくなる。
個人的にはカルミレッリの凛とした美しさに惹かれる。
カルミレッリ写真

ただ、イ・ムジチは奇抜なことはやらない。安心して聴いていられる。

録音はスイスのラ・ショー・ド・フォンで。スッキリ爽やかな音が気持ちよい。

春を聴くと生き生きとした音楽に魅せられる。カルミレッリの独奏は細身で美しい。
合奏も引き締まる。

夏もおどろおどろしくなく上品で安心できる。

秋は前2曲の速めのテンポから一転してしみじみとした風情を見せる。

冬はまた速めのテンポに戻り、これ見よがしのない洗練された音楽。
独奏は安定しており、かつ過度に前面に出過ぎない。
ヴァイオリンが高く舞い上がりチェンバロが粉雪を散らす。
厳しい嵐ではない。第2楽章も冷たい空気感。終楽章の充実感もよい。

10:43  9:59  12:05  9:04   計 41:51
演奏  A+   録音 92点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック