クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

マーラー 交響曲第8番 ブーレーズ(07)

2013.02.14 (Thu)
ブーレーズマラ8
ブーレーズ/ベルリンシュターツカペレ(07、DG)は
この指揮者のマーラー全集の完結(除く第10番)。
ジャケットはどんどん手抜きになり、ついには指揮者のどアップ。
(千人の交響曲で夢見るようなジャケットはお目にかかったことがないが)。

一方の演奏。思えばブーレーズも変節したものだ。
鋭利で分析的と言われた指揮者デビュー時。DGになってからの微温的な指揮、
そして今回に見るようなロマンの香りをまき散らす指揮者に変わった。
共通するのは常に音はしっかり整理されているというところだ。

この8番についてこの元作曲家兼指揮者はどう思っているのだろうか?
私などは支離滅裂で理解不能と割り切っている。
どう料理しても1部とと2部は世界が別。
その意味では、このCDは1部と2部でCDを分けている。暗示的だ。

録音はなんとこの時代にイエス・キリスト教会でのセッション。
ゆえに細部にわたり万全の録音。
また、こんなにここは音場が大きかったかと思うほどスケール感もある。

第1部は予想通り力で押しまくらない。テンポは中庸。
その中ででてくる声楽陣のハーモニーがハリがあり美しい。
録音的にもオケよりもこちらに焦点を当てているようだ。合唱も独唱も精緻。
それでいて声楽が静まった時のオケも室内楽のような純度の高い音。
勢いで押すのでなく独自の宇宙を作り上げる意欲に満ちる。
表情は無機的でなく起伏・情感を盛る。
ややもてあましているかと思っていると終結に来る。
最後の3分”Gloria sit Patri Domino”はテンポを一段と遅くして
ドラマティック・オペラティックな思い切った表現がとられる。
バーンスタインのたたみかける演奏とは全く逆方向ながら相当な盛り上がり。

第2部は遅めのテンポでノスタルジックな雰囲気を出している。
切ない音楽が続く。
これはブーレーズなのだろうか?声楽部も濃厚だ。
その後のテンポは場面により切り替わりを見せる。
流している感じがなく、飽きさせないように管弦楽においても多彩で
チャーミングなしぐさを振りまく。入り込んでその都度独唱やら
オケの掛け合いを愉しんでいると時間が過ぎていく。
どこまでが必要な楽曲でどこまでが肥大化した部分なのかよくわからない。
ともかく美しい流れに身を任せよう。
これまた、終結の6分は音とテンポを落としてひたひたくる。
力で盛り上げるのでなくじわじわ穏やかな幕切れである。
この85分という保有盤最長の、長い長い道のりは
最後のこのフィナーレのためにあったのだと今更ながら気づく。

23:44  61:32   計 85:16
演奏  悠A   録音 94点

コメント

やはり経費削減のために、ベルリンシュターツカペレになったのでしょうか?
理路整然とした演奏ですが、オケの音色のせいか?どうにも地味に聴こえてしまいます。

やはりこの曲は映像で観ないとダメ?と思います。
影の王子様 こんばんは。
思えば前衛の旗手だったブーレーズも今年90歳なんですね。
このCDの頃も80代ですから、白熱の演奏とはいかなかったのでしょう。

マーラーの8番は経費のかかる割に人を感動させるのが難しい曲の筆頭格ではないでしょうか。
第一部などそれはそれで完結してしまっているような気もするのですが。

管理者のみに表示

トラックバック