クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

マーラー 交響曲第2番 P・ヤルヴィ(09)

2013.01.13 (Sun)
ヤルヴィ復活
P・ヤルヴィ/フランクフルト放送交響楽団(09,Virgin)はセンスのよい積極さ。
この人の音楽づくりの特徴は肌理の細かい繊細さをベースにした自己主張。
それが嵐のようなこの「復活」に新鮮な表現をもたらしている。
完全に第3世代のマーラーを感じる。単に熱狂とかクールとかとはまた別次元。
また、どこにも手抜きがなく最初から最後まで指揮者の目が行き届く。
こうなると、ブーレーズが過去の人に見えてしまう。

録音はフランクフルト・アルテ・オパーでのセッション。
同時期に実演をやっているがライヴの表記はないし会場のノイズもない。
広い空間で柔らかい音響。むき出しのオンではなく少しヴェールを被る。
CDの音量レヴェルはやや小さい?

第1楽章は冒頭からキレはいいのに実に丁寧。
緩急自在の音楽を作るのに全く粗くならず、音楽をそっと包む慈愛に満ちる。
バーンスタインのような虚仮威しは全く見られない。
ゆったりした流れで穏やか。

第2楽章はここでも積極的な節回しが聞かれるが
それが丁寧にデリケートに扱われるのでうざくならない。

第3楽章もティンパニの弾け具合と弦の流麗さが猛烈な対比。
憎たらしいばかりの冷静な処理。

第4楽章のメゾーソプラノ(クート)もオペラティックな表現を控え、そっと歌う。

終楽章もこれまでの流れを踏襲。
しかし、前半はこの管理されたデリカシー旋風も破天荒なこの楽章の前で、
聴く側にやや戸惑いを感じさせる。
計算を度外視した命がけの燃焼が懐かしくなったり。
しかし後半は違う。
20:30からぐっとテンポを落として入る合唱の精度はもの凄い。
その中からアルトそしてソプラノが浮かび上がる場面は鳥肌。
どこまでも透明だ。
この楽章の前半で感じた不完全燃焼は後半は吹っ切れ透徹した美しさと
粘り強い巨大な音楽が浮かび上がる。
これまたヤルヴィにしてやられた。

23:17  10:07  10:50  5:34  35:23  計 85:11
演奏  繊A+   録音 93点

コメント

N響就任公演
こんばんは。

このCDは以前に聴いてピンときませんでしたが
本日放送されたパーヴォ&N響の演奏はなかなかでした。
とにかくセンスが良いというか
マーラーのオーケストレーションを過不足なく絶妙に鳴らしている感じでした。
某個人ブログでは貶されていましたが、僕には満足できました。
歌詞対訳も見れるし、映像で観ている分感銘も付加されているとは思いますが。
影の王子様
私はヤルヴィ親子のファンでありますので
パーヴォさんにはN響で頑張ってほしいと思います。
多忙すぎて少し心配な面もありますが・・・。
また、ネーメ父さんもN響に登場しますので
こちらも楽しみです。

管理者のみに表示

トラックバック