クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

マーラー 交響曲第9番 シノーポリ(93)

2013.01.10 (Thu)
シノーポリマーラー9
シノーポリ/フィルハーモニア管弦楽団(93、DG)は腑わけ的。
この曲のもつやや草臥れたムードを振り払うかのような演奏。
問題はそれが人の心に届けばよい。私は最後まで微妙な距離感を払えなかった。

録音はオールセインツ教会での録音。
通常のコンサートホールとは趣の違う明晰な音と奥行きが特徴。
ブルートーン。対抗配置で左右に音像が拡がる。

第1楽章はくっきり隈どりの効いた音楽。
アクセントは明確でスッキリ整理された音は硬質なクリスタルを思わせる。
怒涛の音響に結構聴き疲れする。
バーンスタインのような炎でなく無機的でメカニカルな印象。
音を曖昧にぼかさず第一音のエッジを効かせる。
弦のフレーズも刻みを浮き立たせる。敢えて流麗さでなくギクシャクさせる。

第2楽章はタタタタタッタというフレーズが沢山出てくるが
独自のアクセントをつけて見せる。安らぎやおどけた感じはあまりない。
後半のゆがんだワルツは金管の強奏を含め多様な音が衝突。鮮烈な印象。

第3楽章もここでも個々の楽器は目覚ましい動きをするが、
しっかり統率され勝手な動きがない。
各パーツの動きが際立つので聴きなじんだこの曲も、
こんな鳴り方をするんだ、と感心することしきり。

終楽章も小節単位で区分けされる。フォルテでは容赦なく盛り上がる。
それぞれの音はしっかり立っていて夢幻性や諦観を感じさせない。
しゃっきとしている。独自の符読みは時々聞える。
代表は終結のモルト・アダージョの3:30。弦の不思議なグリュサンドが聞える
(最初は外でサイレンが鳴っているのかと思った)。
最後のアダージッシモに入ってからも不思議な啜り泣きは聞える。
終結はセッション録音の強みを生かし、恐るべき静寂の中で閉じる。

28:09  15:12  13:16  25:54   計 82:31
演奏  A-   録音 91点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック