クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

マーラー 交響曲第10番アダージョ バーンスタイン(75)

2013.01.07 (Mon)
バーンスタイン10
バーンスタイン/ニューヨークフィル(75、SONY)はアダージョのみ。
当然クックなどの補筆作業は知っていたのだが、それを認めることはなかった。
作曲家バーンスタインの目で見てもそれは不満のあるレヴェルだろうし、
何よりもマーラー信奉者として他人の手の加わったマーラーは心情的にも
認められなかったのだろう。
演奏はそうした未完の作品として捉えていると思う。
現にこの録音はマーラー全集が完成した後に付加的に録音された。
私は、確かこの録音で初めてこの曲を聴いたと思うが何か失望したのを覚えている。
バーンスタインが何かよそよそしい。

録音はニューヨークの30番街スタジオでLPで出た時はえらく
デットな印象だったが、CD化リマスターでは聞きやすくなっている。
左右の分離が際立つのでセンターがやや薄い。
帯域はほどほどで強奏での弦は少し荒れる。

演奏はゆったりしたテンポであるが基本的には感情移入を避けて淡々とした風情。
カタストロフの部分でも多分もっと劇的にできたと思うがそうはしていない。
ニューヨークの合奏精度はいまいちのこともあり正直に言って寒々しいムードが漂う。

26:25
演奏  A-   録音 86点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック