クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

マーラー 交響曲第5番 ジンマン(07)

2012.11.27 (Tue)
ジンマン5
ジンマン/チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団(07、RCA)は
クリーミィーで密やかなマーラー。ジンマンらしい新しい切り口を提案。
ピリオド奏法はやめて、一音一音ヴィヴラートをかけながら伸ばして歌う。
よって演奏時間は長いが、だれていないので遅いと感じない。
全く以って今までにない感触。

録音は本拠地ホール。透明感があり響きは量感もある柔らかいシルク系。
最近の録音はライブが多いが入念に作られたセッション。
ジンマンの録音はどちらかというと直截的でスリムな音が多かったが
マーラーはまるで傾向が違う。きっちり使い分けているところが才人らしい。

第1楽章はものすごい繊細さで進行する。
泡立ち蕩けるウィンナコーヒーをそっと壊さぬように運ぶ。
乱暴なところは一つもなく慎重なテンポでフォルテを丸くしながら。
そこに漂う不思議な脱力感、デカダンの香り。
マゼール/ウィーンにも同じようなムードを感じたが、こちらは一層洗練ソフト。
最後のピッツカートも抑え込んだ音。

第2楽章も抑制した身悶え。身悶えというより、心のうつろい、という風。
決して絶叫しない。

第3楽章も甘くポルタメントで切なく。なんとセンチな表現だことか。
金管を奥にしまい、むき出しの音を出さない。
ワンフレーズワンフレーズ丁寧な仕上げ。

第4楽章もぐっと音量と表現を抑制したうえで磨きをかけた美しさ。
ひそひそ泣く。

終楽章もパワーで押さず丁寧に解きほぐす。
勢いでなくそれぞれのパーツを艶やかに磨く。濃厚ではなく爽やかな風。
対抗配置のヴァイオリンの掛け合いがさらさら決まる。
音はダンゴになることなくスッキリ終わる。
ガツンと感動させるタイプの演奏ではなく感覚を刺激する演奏。

13:22   15:25   18:44   10:45   15:22   計 73:38
演奏  新A   録音 93点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック