クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

マーラー 交響曲第4番 ライナー(58)

2012.08.28 (Tue)
ライナー4
ライナー/シカゴ交響楽団(58,RCA)はライナーの音楽。
この曲がこんなに逞しい側面を持っていたのかと驚かされる。
単に音がでかいとかオケの機能が凄いということでなく、音楽的に説得力を持っている。

録音はシカゴのオーケストラホール。この時期のものとしては音が非常にいい。
会場の広さも十分で伸びもよい。混濁もなく明晰で最近の録音のよう。
DECCA程の人工臭はなく当時の世界最高水準はRCAだったと思わせる。

第1楽章はライナーが振るとこうなるのか、頷かされる。
メリハリが効いておりだれないテンポで突き進む。
シンバルや金管の音量もでかいが全体のつくりの中で違和感がない。

第2楽章も全体に音が強くはっきりしている。ソロ・ヴァイオリンも然り。

第3楽章は夏の光が燦々と照り付ける。放射している。
弦は筋肉質で締まりしなる。オケは驚くべき明晰さで鳴っている。
気持ちいいぐらい背筋が伸び目が覚める。

終楽章のデラ・カーザの歌も明快。
夢見る感じはあまりないが、癖のない伸びやかな歌は気持いい。
ライナーの全体の演奏方針に合っているのではないか。
終結部でテンポをふと緩めたりするところでは、
全体が硬派だけに優しさを感じた。

15:54  8:54  18:57  9:40 計 53:25
演奏  硬A   録音 90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック