クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

モーツァルト 交響曲第40番 テイト(84)

2012.07.31 (Tue)
テイト4041
テイト/イギリス室内管弦楽団(84、EMI)は爽やかな演奏。
古楽器団体による一層軽やか爽やかな演奏を聴いてしまうと、
相対的な位置づけはやや中途半端になってしまうが、
この当時は十分新鮮な演奏だっただろう。

録音は、聖バーナバス教会で優しい響きを伴う。
翌年からこのシリーズはアビーロードスタジオで録音されているが、
こちらの方がヌケや音場はいい。

第1楽章は速めで躍動的。そんな中にも各パーツの明滅により彩りを添
え単調にならない。弦がやや強奏気味で硬調なところが惜しい。

第2楽章は木管の綺麗な響きを大事に、弦がサポートする。

第3楽章も木管はチャーミングだがフォルテの弦が強く響きすぎる傾向。
時代を感じさせる。今となればもっとデリケートに扱ってほしい。

終楽章は落ち着いたテンポ。アクセントは明確で念を押しながら
進むような印象で流動的ではない。各パーツを明確に浮かび上がらせるのは良いが、
第1楽章は快速テンポの中でそれを成し遂げていたことを考えると
ここも一定のスピード感でやってほしかった。

7:48   8:30   4:38  7:17  計 28:13
演奏  A-   録音 90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック