クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

モーツァルト 交響曲第40番 ブリュッヘン(85)

2012.04.20 (Fri)
ブリュッヘン4041
ブリュッヘン/18世紀オーケストラ(85,PHILIPS)のオーケストラは各国から
年に2回集まって演奏会を催し、録音もライブのみ。
そうした意気込みは併録のジュピターの方でより感じるが、
この曲もきっちりした造型のもとに、厚ぼったくならず清潔な音楽が鳴る。
クラリネットあり。

録音はオランダでのライブで拍手つき。スケールの大きさや低域の厚みはないが、
曲間も含めて収録されライブらしい熱気が捉えられている。

第1楽章は潔さを伴う進行。アーノンクールのような表現の先鋭さはなく前に向かう。
第2楽章はささやくような弦が秀逸。透明感のある繊細なサウンド。べとつかない。
第3楽章も弦の掛け合いが美しい。
終楽章も心地よいテンポ。はからずしてこの曲の持つ抒情がにじみ出る。
何もかも適切に思える。

7:02  10:11  4:09  7:11   計 28:33
演奏  A+   録音 90点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック