クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ニールセン 交響曲第1番 ブロムシュテット(74)

2012.03.15 (Thu)
ブロム旧全集
ブロムシュテット/デンマーク放送交響楽団(74、EMI)は田舎くさいのどかな演奏。
15年後のサンフランシスコ交響楽団とDECCA録音の洗練とは対照的。

録音はコペンハーゲンのデンマーク放送コンサートホール。
やや詰まり感のあるマス録音。
LPはセラフィムからの全集盤を入手していたが、冴えない録音で
がっかりしたものだがリマスターで改善されている。

第1楽章はもっさり感たっぷりの表情とテンポ。
緊張感は薄く茫洋とした雰囲気がすでに漂う。
第2楽章はゆったりと流れる河のよう。ただし、やや単調。
第3楽章も同様。
終楽章もローカル色の強い日常を感じさせる演奏。特色に乏しい。

9:57  7:39  9:19  8:58   計 35:53
演奏  B+   録音 84点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック