クラシックCD聴き比べ ~ Classic CD Memos ~

クラシック音楽のCDを中心に演奏者への敬意を込めて、つたないメモを書いています。

ブルックナー 交響曲第8番 シャイー(99)

2012.01.16 (Mon)
シャイーブル8
シャイー/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(99、DECCA)は、
シャイーのブルックナー全集のトリを飾る。
録音時はヴァントや朝比奈などのブルックナー指揮者が注目を集めていた時代で
イタリアの指揮者のブルックナーはそれほど関心は無かっただろう。
しかし、この演奏は素晴らしい。
お酒でも最上級のものは、妙な個性がないのに味わいが深い。
印象に残る一瞬に賭けるのでなく、全体の音楽で心に響く。
この演奏はまさにそれだ。
84年の7番のときからシャイーのブルックナーの方向性の基本は変わっていないが、
さすがに15年の間に見事に熟成した。もちろんRCOの威力も絶大だ。

録音はヘボウの大ホール。マス重視ながら細部の融合が素晴らしい。
ホールトーンもいうことなし。

第1楽章はゆるりと始まる。穏やかで厚みがあり安心できる音楽がある。
棘や角がない豊かな響きが心地よい。
音楽の展開がとても自然でテンポは大河のように知らぬ間に変化。
第2楽章のスケルツォも浅薄な感じがない。
抑制された響きの中に大人の余裕、厚み。
第3楽章は冒頭の弦の通奏リズムのアクセントの付け方が非常に意味深。
単なるムード音楽でなく何か意識の奥底に響く。
各パーツの表情がとても念入りで美しい以上の痛切さを奏でる。
充実した音楽。凡庸で大雑把な指揮者ではとてもまねできない。
ぼやっと聴いていると通り過ぎる繊細さ。
終盤には意志的な思いを弦に語らせる場面も。
まろやかだが老成した枯れた音楽でない。
終楽章の冒頭は凝縮した厳しさというより、外に向かう拡がり感を持つ。
その後の音楽は絶叫しない語り口だが、じわじわ音楽は熱を帯びてくる。
テンポはそれとともに微妙に速められる。心的昂ぶりがテンポに映る。
終結は感動的。

シャイーはRCOを辞してからまた音楽が変貌を見せ始めているが、
この録音はRCO時代の一つの頂点だ。


16:05  14:59  25:29  22:06   計 78:39
演奏  A+   録音 92点

コメント


管理者のみに表示

トラックバック